これも全部、乾巧って奴の仕業なんだ・・・

どうもみなさん、B-2です。
最近10月だっていうのに暑くなって、なんかほんと異常気象って感じですね。
こういう暑い日にはヤツらがやってくるんですよ。
昔米国の特殊部隊がジャングルで皆殺しにされた時も、NYで大量殺人が起きた時もこんな
天気でした。
そう、プレデ(ry


とかいう前置きはおいておきまして、今回の劇では贄流し編と宵越し編をやりました。
宵越し編はマンガ版のほうの話で、大災害から20年後に村を訪れた若者たちの話ですね。
20年後の魅音と出会った若者、その心は惹かれあってそのハートフルな出会いはめくるめく
夢の世界のような体験でああっ///だめっ.///
という感じでバンバン人が死ぬお話です。

今回は黒澤巧っていう役をやったんですが、最初とりあえずゴルゴ13みたいな声でいこうとしたら
途中から怒鳴ったり女に飴を与えるシーンが出てきて声はそのままでしゃべり方を変える必要が出てきました。
そしたらうまい具合に声でキャラ立ったかな?と感じまして、こういう声の自由度が高いキャラは
特徴的な声を出すように心掛けると魅力ある演技になりやすいかもしれないですね。

んじゃ今日はこの辺で。皆さんがまた20年後の雛見沢に来た時のために冥府を清めておきます!

次回の声劇は10月16日水曜日。
B-1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ロボット刑事K
2013年10月13日 22:32
啓太郎「本当にたっくんの仕業なの!?」
声劇お疲れ様でした。セリフあんまりなくてごめんなさい!草加さんの工よかったッス!

この記事へのトラックバック